家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン


BGMはノクターンさんよりお借りしています。





外へ出かける



 そこでサトシは日毎に機嫌が悪くなった。 二言目には、誰でも意地悪く叱り付ける。 しまいには鼻の療治をしたあの弟子の僧でさえ、 「サトシは法慳貪《ほうけんどん》の罪を受けるぞ」と陰口をきくほどになった。 特にサトシを怒らせたのは、例のイタズラな雑用の少年である。 ある日、やかましいほど犬のほえる声がするので、 サトシが何気なく外へ出て見ると、 少年は、30センチくらいの木片をふりまわして、 毛の長い、痩せた尨犬(むくいぬ)を追い回している。 それもただ、追い回しているのではない。 「鼻を打たれたくないだろ。そら、鼻を打たれたくないだろ」 とはやし立てながら、追い回しているのである。 サトシは、少年の手からその木片をひったくって、強くその顔を打った。 木片は以前の鼻を持ち上げた木だったのである。
 サトシは下手に、鼻が短くなったのが、返って恨めしくなった。
 するとある夜の事である。 日が暮れてから急に風が吹いたようで、 塔の風鈴の鳴る音が、うるさいほど床に聞こえてきた。 その上、寒さもめっきり加わったので、年をとったサトシは寝つこうとしても寝つけない。 そこで床の中でまじまじしていると、ふと鼻がいつになく、むず痒いのに気がついた。 手をあててみると少し水気が来たようにむくんでいる。 どうやらそこだけ、熱さえもあるらしい。
 −−−「無理に短くした事で、病気になったかもしれない。」
 サトシは、仏前に香花を供えるような礼儀正しい手つきで、 鼻を押さえながら、こうつぶやいた。


次へ


戻る

リンクの集合