家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン


BGMはtaitai studioさんよりお借りしています。





走れサトシ



サトシは激怒した。必ず、あの邪智暴虐(じゃちぼうぎゃく)の王を消すことを決意した。 サトシには政治が分からない。サトシは、村の牧人である。 笛を吹き、羊と遊んで暮らしてきた。けれども邪悪に対しては、人一倍、敏感だった。 今日の未明、サトシは村を出発し、野を越え山を越え、40キロ離れたこのシラクスのまちにやって来た。 サトシには父も母も無い。十六歳の、内気な妹と二人暮しだ。 この妹は、村のある律儀(りちぎ)な一人牧人を、近々、花婿(花婿)として迎えることになっていた。結婚式も間近なのである。 だから、サトシは花嫁の衣装や、祝宴のご馳走(ごちそう)やらを買いに、はるばるまちにやって来たのだ。 まず、その必要な品を買い集め、それから都の大通りをぶらぶら歩いた。 サトシには竹馬の友がいた。セリヌンティウスである。今はこのシラクスのまちで、石工をしている。 その友を、これから訪ねてみるつもりなのだ。長く逢わなかったから、訪ねて行くのが楽しみである。歩いているうちにサトシは、まちの様子を不思議に思った。 ひっそりしている。もうすでに日も落ちて、まちの暗いのは当たり前だが、けれど、なぜだか、夜のせいばかりでは無く、まち全体が、やけに寂しい。 のんきなサトシも、だんだん不安になってきた。道で逢った若い衆をつかまえて、何かあったのか、 二年前にこのまちに来たときは、夜でも皆が歌をうたって、まちは賑やか(にぎやか)だったはずだが、 と質問した。若い衆は、首を振って答えなかった。しばらく歩いて老爺に逢い、こんどはもっと、強い言葉で質問した。老爺は答えなかった。 サトシは両手で老爺のからだをゆすぶって質問を重ねた。老爺は、辺りをはばかり、低い声でわずかに答えた。
「王様は、人を殺します。」
「なぜ殺すんだ。」
「悪心を持っている、というのですが、誰もそんな、悪心を持っていません。」
「たくさんの人を殺したのか。」
「はい、はじめは王様の妹婿さまを。それから、ご自身のお世継ぎを。それから、妹さまを。それから、妹さまのお子さまを。それから、皇后(こうごう)さまを。 それから、賢臣のアレキス様を。」
「おどろいた。国王はご乱心か。」
「いいえ、乱心ではありません。人を信じることが出来ない、というのです。この頃は、臣下の心をも、お疑いになり、少し派手な暮らしをしている者には、 人質ひとりずつ差し出すことを命じております。ご命令を拒めば十字架にかけられて、殺されます。今日は、六人殺されました。」
聞いて、サトシは激怒した。「あきれた王だ、生かしておけない。」
サトシは、単純な男であった。買い物を、背負ったままで、のそのそ王城にはいって行った。たちまち彼は、巡回の警備員に捕まった。 調べられて、サトシの懐(ふところ)から短剣が出てきたので、騒ぎが大きくなってしまった。サトシは、王の前に引き出された。
「この短剣で何をするつもりであったか。言え!」暴君ディオスは静かに、けれども威厳をもって問いつめた。その王の顔は青白く、眉間(みけん)のシワは、刻み込まれたように深かった。
「まちを暴君の手から救うのだ。」とサトシは悪びれずに答えた。
「お前がか?」王は哀れみ、笑った。「仕方の無いやつじゃ。おまえには、わしの孤独がわからぬ。」
「言うな!」とサトシは、勢いよく立ち上がり、反論した。「人の心を疑うのは、最も恥ずべき悪徳だ。王は、民の忠誠さえも疑っておられる。」
「疑うのが、正当の心構えなのだと、わしに教えてくれたのは、お前たちだ。人の心は、あてにならない。人間は、もともと私欲のかたまりさ。信じては、ならぬ。」 暴君は落ち着いてつぶやき、ほっとため息をついた。「わしだって、平和を望んでいるのだが。」
「なんのための平和だ。自分の地位を守るためか。」こんどはサトシがあざ笑った。「罪の無い人を殺して、何が平和だ。」
「黙れ、愚民よ。」王は、さっと顔を上げて言った。「口では、どんな清らかな事でも言える。わしには、人の腹の奥底が見え透いてならぬ。おまえだって、いまにはり付けになってから、泣いて詫びたって聞かぬぞ。」
「ああ、王様は利口だ。自惚れ(うぬぼれ)て居ればいい。私はちゃんと、死ぬ覚悟で居るのに。命乞いなんか絶対にしない。ただ・・・」 と言いかけて、サトシは足元に視線を落とし、一瞬ためらい、「ただ、私に情をかけたいつもりなら、処刑までに3日間の期限を与えてください。たった一人の妹に、亭主を持たせてやりたいのです。」 三日のうちに、私は村で結婚式を挙げさせ、必ずここへ帰ってきます。」
「ばかな。」と暴君は、しわがれた声で低く笑った。「とんでもない嘘を言うわい。逃がした小鳥が帰って来るというのか。」
「そうです。帰って来るのです。」サトシは必死で言い張った。「私は約束を守ります。私を、三日間だけ許して下さい。妹が私の帰りを待っているのだ。 そんなに私を信じられないならば、よろしい、このまちにセリヌンティウスという石工がいます。私の無二の友人だ。あれを、人質としてここに置いていこう。 私が逃げてしまって、三日目の日暮れまで、ここに帰って来なかったら、あの友人を絞め殺してください。たのむ、そうして下さい。」
それを聞いて王は、残虐な気持ちで、そっとほくそ笑んだ。生意気な事を言うわい。どうせ帰ってこないに決まっている。 この嘘つきに騙されたフリをして、放してやるのも面白い。 そうして身代わりの男を、三日目に殺してやるのも気味がいい。人は、これだから信じられぬと、わしは悲しい顔して、その身代わりの男をはり付けにしてやるのだ。 世の中の、正直者とかいう奴らにうんとみせつけてやりたいものさ。
「願いを、聞いた。その身代わりを呼ぶがよい。三日目には日没までに帰って来い。 おくれたら、その身代わりを、殺すだろう。ちょっと遅れて来るがいい。おまえの罪は、永遠にゆるしてやろうぞ。」
「なに、何をおっしゃる。」
「はは。いのちが大事だったら、遅れて来い。おまえの心は、わかっているぞ。」
 サトシは悔しく、ジダンダ踏んだ。ものも言いたくなくなった。
 竹馬の友、セリヌンティウスは、深夜、王城に召された。暴君ディオニスの面前で、良き友と良き友は、二年ぶりに再会した。 サトシは、友に一切の事情を話した。セリヌンティウスは無言でうなずき、サトシをひしと抱きしめた。友と友の間は、それでよかった。 セリヌンティウスは、縄打たれた。サトシは、すぐに出発した。初夏、満天の星である。


次へ


戻る

リンクの集合