家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン


BGMはMusic with myuuさんよりお借りしています。





走れサトシ



 サトシはその夜、一睡もせず40キロの路を急ぎに急いで、村へ到着したのは、翌日の午前、太陽はすでに高く昇って、村人たちは野に出て仕事をはじめていた。 サトシの十六歳の妹も、きょうは兄の代わりに羊群の番をしていた。よろめいて歩いて来る兄の、疲労困憊(こんぱい)の姿を見つけて驚いた。 そうして、うるさく兄に質問を浴びせた。
「なんでもない。」サトシは無理に笑おうと努めた。「まちに用事を残してきた。またすぐまちに行かなければいけない。明日、おまえの結婚式を挙げる。 早い方がよかろう。」
 妹は頬をあからめた。
「うれしいか。綺麗な衣装も買ってきた。さあ、これから行って、村の人たちに知らせて来い。結婚式は明日だと。」
 サトシは、またよろよろ歩き出し、家へ帰って神々の祭壇を飾り、祝宴の席を調え(ととのえ)、間もなく床に倒れ、呼吸もしないほどの深い眠りに落ちてしまった。
目が覚めたのは夜だった。サトシは起きてすぐ、花婿の家を訪れた。そうして、少し事情があるから、結婚式を明日にしてくれ、と頼んだ。 婿の牧人は驚き、それはいけない、こちらにはまだ何の支度も出来ていない、葡萄(ぶどう)の季節まで待ってくれ、と答えた。 サトシは、待つ事は出来ない、どうか明日にしてくれたまえ、と更に押してたのんだ。婿の牧人も頑強であった。なかなか承諾してくれない。夜明けまで議論を続けて、やっと、どうにか婿をなだめ、 すかして、説得した。結婚式は、真昼に行われた。新郎新婦の、神々への宣誓が済んだころ、黒雲が空を覆い、ぽつりぽつり雨が降り出し、やがて車軸を流すような大雨となった。 祝宴に列席していた村人たちは、何か不吉なものを感じたが、それでも、めいめい気持ちを引き立て、狭い家の中で、むんむん蒸し暑いのもこらえ、陽気に歌をうたい、手拍子をした。 サトシも、満面の笑顔で、しばらくは、王とのあの約束さえ忘れていた。祝宴は、夜に入っていよいよ乱れ華やかになり、人々は、外の豪雨を全く気にしなくなった。 サトシは、一生このままここに居たい、と思った。このよい人達と、一生暮らしていきたいと願ったが、いまは、自分のからだで、自分のものではない。 ままならぬ事である。サトシは、わが身にムチ打ち、ついに出発を決意した。あすの日没までには、まだ十分の時間がある。ちょっと一眠りして、それからすぐに出発しよう、と考えた。 その頃には、雨も小降りになっていよう。少しでも長くこの家にグズグズ留まっていたかった。サトシほどの男にも、やはり未練の情というものはある。 今呆然と、歓喜に酔っているらしい花嫁に近寄り、
「おめでとう。私は疲れてしまったから、ちょっとすまないが眠りたい。目が覚めたら、すぐにまちに出かける。大切な用事があるのだ。 私がいなくても、もうおまえには優しい亭主がいるから、決して悲しい事は無い。おまえの兄の、一番嫌いなものは、人を疑う事と、それから、嘘をつく事だ。 おまえも、それは、知っているね。亭主との間に、どんな秘密でも作ってはいけない。おまえに言いたいのは、それだけだ。お前の兄は、たぶん偉い男なのだから、おまえもその誇りを持っていろ。」
 花嫁は、夢見心地でうなずいた。サトシは、それから花嫁の肩をたたいて、
「支度の無いのはお互いさまさ。私の家にも、宝といっては、妹と羊だけだ。他には、何も無い。全部あげよう。もう一つ、サトシの弟になったことを誇ってくれ。」
 花婿は揉み手して、照れていた。サトシは笑って村人たちにも会釈して、宴席から立ち去り、羊小屋にもぐり込んで、死んだように深く眠った。


次へ


戻る

リンクの集合